お問合せ

 072-288-1055
 072-287-1167
 メールはこちら

社会福祉法人コスモスがめざすもの

国民の権利としての、社会福祉の進歩を築きます。
社会福祉の公的責任と市民の共同性を追求します。

入札情報

ただいま入札情報はございません。

障害福祉事業 新着情報

高齢福祉事業 新着情報

保育関連事業 新着情報

理事長のつぶやき

平和であってこそ

2022.11.08

朝3時半起きで釣りに行く。

 ランタンで照らし釣りの仕掛けを作る。見上げる空は満天の星。メッチャ癒される~。

虫エサを垂らし何でもいいから釣れないかなぁとお菓子を食べたりうたた寝したり怠惰の極み、家人にもっと釣りに向き合え努力せよとやじられる。

 日が昇り輝く海を眺めているととっても幸せな気持ちになる。コロナで身を縮め呼吸が浅くなり免疫力が下がっているらしい、波止でストレッチしているおばさんをみたらそれは私です。

 

 しかし、そんなのんびりした朝は続くのだろうか、11月3日の朝、突然北朝鮮からミサイルが発射されたとJアラートが鳴り響き宮城県、山形県、新潟県を対象に繰り返し警鐘が鳴らされた。結果、命を脅かす事態とはならず終わりほっとしたが、対象とされた3県のみなさんや日本海の船上で仕事されていた方などの不安や怒りはいかばかりであったろうか。

ロシアのウクライナ侵略もあり日本も軍備拡大が必要という声がある、国もその軍事費増強を前面に出している。軍事費の捻出のために福祉や医療費が削られ、国民の負担が増している。

 

 去る10月15日に障害者・患者9条の会の全国集会が開催された。

基調講演の小森陽一氏(東京大学名誉教授)から憲法9条と25条を守り、生かす運動の重要性が改めて提起され私たちへのメッセージがありました。

 「障害者運動を展開されているみなさんにあらためて、社会保障削減を許さない。軍事費に使うんじゃなくて社会保障に使え、福祉に回せという声を大いにあげてもらいたい。それが憲法9条と25条を合体させた一番重要な憲法運動であり、憲法で言われている主権者としての在り方です。一人一人の生き方や日々の生活の困難と向かい合っているみなさんの力が求められています。一緒に運動を進めていきましょう!」

 共感し実践していきたいと思います。

社会福祉法人コスモス

理事長 墨 光子